Newsお知らせ

2022.05.10第43回広告企画制作賞応募作品の講評会をYouTubeで配信します
お知らせ

第43回広島広告企画制作賞審査会が4月20日に開かれ、2021年4月から2022年3月までに広島で制作・発表された134作品の応募のなかから、各部門ごとの金賞、銀賞、特別賞を選出しました。

今年は審査会終了後、試行的に応募作品の講評会をおこないました。審査員5名の「気になった」作品15点について、印象に残ったポイント、企画意図やクリエイティブなどについて審査員が講評しました。1時間あまりにおよぶ講評会の模様は6月7日からYouTubeで配信します。ご応募いただいた方をはじめ広告制作に携わる多くの方にご覧いただければ幸いです。来年度もたくさんの作品応募をお待ちしています。

なお、各部門の受賞作品は6月6日(月)14時から開催する通常総会のなかで贈賞式をおこない、表彰いたします。

   【講評会の模様】

 審査員ご紹介

  

審査委員長 広島経済大学メディアビジネス学部学部長  北野尚人様

審査員  広島修道大学商学部教授  川原 直毅様

審査員  広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科教授大学院芸術学研究科

     映像メディア造形研究室 教授 笠原 浩様

審査員  中国新聞社執行役員地域ビジネス局長(広島広告協会理事長) 増田 泉子様

特別審査員  ㈱博報堂クリエイティブコンサルティング局

       クリエイティブディレクター 河西 智彦様